結婚式場の探し方 自分の希望と予算に合う選び方のコツ

結婚式場の探し方 自分の希望と予算に合う選び方のコツ

結婚が決まったら、結婚式場探しは楽しみですよね♪

でも、どのように結婚式場を探せば良いか、
わからなくて悩んでいませんか?

結婚式は人生の一大イベント。

思い出に残る、素敵な結婚式にするためには、
結婚式場選びは慎重に行いたいところです。

結婚式場を探すには、事前の準備から会場で確認することなど
いろいろ知っておいたほうが良いことがたくさんあります。

先輩花嫁の体験談を参考にして、
自分にピッタリの結婚式にしていきましょう♪

結婚式場を探すのはいつから?


結婚式場を探すのは早い人で、
1年前ぐらいからスタートしています。

できれば半年前ぐらいからスタートできれば、
余裕をもって準備できるでしょう。

お日柄の良い日や式の日にちにこだわる場合は、
早め早めの準備が確実です。

また人気の式場などは1年半ぐらい前からでないと
予約が取れないことも。

一般的には結婚式の打ち合わせは
3ヶ月程度あれば大丈夫です。

結婚するには式場の準備だけでなく
招待状の発送や、指輪の準備、衣装選びなど、
細々した準備が必要になってきます。

二人の希望にこだわりがあるなら、
1年前ぐらいから準備しておくと安心です。
 

結婚式の条件を整理しよう



結婚式場を探すにあたって、
お互いの希望を条件を出し合って
整理することから始めましょう。

彼からの意見を聞くのももちろんのこと
両家の両親の意見も事前に確認しておきましょう。

自分たちが気に入った結婚式場でも
両家の両親と意見が合わなければ、
式場を変えなければいけなくなるかもしれません。

一旦契約するとキャンセル料がかかることもあり、
無駄な出費になってしまいます。

自分たちの意見だけでなく、両家の両親の希望も取り入れながら
式場選びをするようにしましょう。


式場選びでよくあるのが、
パートナーと喧嘩してしまうこと。

二人だけの意見だけでなく、
両家の両親の意見も取り入れたりしていると、
お互いに譲れないところが出てきて
揉めてしまうことがよくあります。

彼に協力してもらえないと、
自分だけで決めなければならず、
一人で孤独な気持ちになることも…。

式場選びで精神的に疲れてしまわないように、
パートナーと良い関係を築きながら進めていくことを
意識しましょう。


また、式場を決める上で最初のポイントになるのは、
「誰を招待するか」というところです。

親族だけなのか、友人なども呼ぶのか、
あるいは会社関係の人も招待するのかによって
場所や広さも変わってきます。

おおよそ何人ぐらいを招待するのかを、
まずは決めましょう。


式場のタイプもいくつかあります。

ホテルや専門式場、レストランやゲストハウスなど
それぞれの式場ごとに特徴があります。

二人の希望と招待客に合わせた
結婚式場を選ぶと良いでしょう。
 

式場探しは何を参考にするのが良い?


結婚式場は、結婚情報誌や結婚情報サイトを
参考にすると良いでしょう。

結婚情報誌ではゼクシィが有名ですね。

結婚情報サイトはいろんなサイトがありますが、
大きく分けて3つのタイプに分かれます。

一つは情報提供型サイト。

結婚式場の情報やブライダルフェアの情報などを
知ることができるサイトです。

結婚式場と提携して掲載していることが多いので、
サイトから申し込んだ人への割引などもあります。

割引が大きいサービスになると、
場合によっては100万円近くも安くなることも。

自分で調べて式場を一つ一つ回る必要はありますが、
色々な所を比較検討したい人にはオススメです。

もう一つは店舗型の結婚情報カウンターです。

お店に行くと専門のスタッフが希望に合わせて
おすすめの結婚式場を選んでくれます。

「ゼクシィ相談カウンター」「ハナユメ ウエディングデスク」
「マイナビウエディングサロン」などが有名です。

希望の結婚式のスタイルが決まっている人や、
自分で調べるのが苦手な人は、専門スタッフにまかせて
選んでもらうのも楽でおすすめです。

カウンターのスタッフと相談しながら選ぶことができるので、
様々な結婚式場を比較して決めやすいです

3つ目はプロデュース型の結婚式場サービスです。

希望の結婚式場や演出などを選んで、プ
ロデュース専門のスタッフがコーディネイトしてくれるのが
プロデュース型の結婚式場サービスです。

「スマ婚」や「小さな結婚式」などが有名です。

コストを抑えた結婚式がしたいという方にはおすすめですね。
 

結婚式場を平均何件くらい見学する?


意外なのは、1件目で決めた人が2割ほどいることです。

合計すると3件以内で決めた人が6割以上いる
という調査結果もあります。

結婚式場の雰囲気で舞い上がってしまったり、
スタッフの営業トークに押されて即決してしまうのかもしれませんね^^;

でも、3件ほど回っただけで決めてしまうのは、
少し早すぎる気がします。

ネットでしっかり下準備して調べた後で、
確認するために結婚式場に足を運ぶなら良いと思います。

ただ、いろんなところで話を聞くことによって分かることもあるので、
できればたくさんの結婚式場を回ってみることをお勧めします。

ブライダルフェアなども、積極的に利用してみると良いでしょう。

結婚式場が用意している普段には初来場割引があって、
初回に契約するとかなり安くなる割引もしているところも多いです。

なので優先順位の低い結婚式場から回ってみて、
本命のところは、何件か回った後に行くのがおすすめです。 
 

ブライダルフェアでチェックするポイントとは


ブライダルフェアとは、結婚式の様子や披露宴の様子を
体験できるイベントです。

料理の試食があったり、
衣装を試着することができることもあります。

せっかくブライダルフェアに行くのであれば、
次のような点をチェックしておきましょう。

結婚式場の広さと収容人数

ゲストに合わせた広さの結婚式場を選ぶことが第一です。

狭すぎても窮屈でし広すぎても寂しいイメージになります。
適度なひろさかどうかをチェックしましょう。
 

全体の雰囲気やインテリア

結婚式のイメージを決めるポイントとなるので、
希望に合ったものができるか確認しておきましょう。

衣装の希望があれば、それにあった
インテリアであることも大切です。 
 

挙式のスタイル

チャペル式、人前式、神式など、希望の挙式のスタイルに
合うものかどうかをチェックしましょう。
 

料理やドリンクの種類

料理の種類や味のチェックはもちろん、
用意できるドリンクの種類や、追加できるドリンクの種類を
調べておきましょう。

高齢の方や子供用のメニュー対応ができるかどうか、
アレルギー対応ができるかどうかについても、
確認しておくといいですね。
 

交通の便

遠方からのゲストにとってきやすい場所かどうか、
鉄道や飛行機、高速道路など
結婚式場へのアクセスをチェックしておきましょう。

タクシーで来た場合の時間や料金などもチェックしておいて、
招待状に一言添えておくと親切です
 

料金や契約に関すること

料金や契約に関することは、後々トラブルの元になりかねないので、
きちんと確認しておきましょう。

希望日程の空き状況や、仮予約ができるところは
仮予約の期限を聞いておきましょう。

また持ち込み可能なものと、
持ち込み料金について確認しておきましょう。

自分で用意したいものが決まっている人は、
具体的に聞いておくと良いでしょう。

挙式費用の支払いは前払いなのか後払いなのか ,
支払いの方法などについても確認しておきましょう。

キャンセル料については、今後どんなことがあるかわからないので、
確認しておきましょう。
 

費用を抑えた結婚式をしたいなら


結婚式の費用を抑えたいなら、式場ごとに用意されている
パックプランを選ぶのがおすすめです。

自由度は下がりますが、基本的な挙式披露宴は
十分にできるようなプランになっています。

またシーズンや契約時期によっては、
費用が安くなる場合もあります。

値下げ交渉できる式場もありますので、
相談してみるのも良いでしょう。

またプロデュース型のスマ婚や、小さな結婚式などの
結婚式場サービスを利用するのも方法です。

必要なサービスだけ選択して利用すれば、
不要なコストも抑えられるのが魅力ですね。


結婚式場の探し方はいろいろな方法がありますので、
自分の希望や予算に合った式場選びをしていきましょう!